松下研究室について
教授 松下貢
松下研究室
バクテリアコロニー
紛粒体
ビタミンC
ニクロム酸
   教授 松下貢
シミュレーション
過去のテーマ
         


HOME
教授コラム
松下村塾コラム
論文
メンバー
アクセス
検索
バックナンバー
リンク







教授 松下貢   matusita@phys.chuo-u.ac.jp
所属学会: 日本物理学会
アメリカ物理学会
形の科学会
専門分野: 統計物理学
パターン形成の物理
研究テーマ: フラクタルを含めた
パターン一般の形成機構の研究
生物物理学
生年: 1943年
「パターン形成」は宇宙を含め,自然界のあらゆる局面に存在する普遍的な現象である。このパターン形成を,樹枝状結晶成長,バクテリアのコロニー形成,粉粒体の流れなどを具体的テーマとして,統計物理学の立場から研究している。フラクタル性の出現に関してはかなりの成果があったが,この分野自体が新しく,これからが面白くなると思っている。成果の社会的意義はわからないが,科学は文化の一環と考えている。

特に関心を抱いていること: 生物の進化.


「非線形・非平衡現象の数理2 −生物にみられるパターンとその起源−」(編著)東京大学出版会, 2005年new

「フラクタルの物理(U)応用編 裳華房, 2004年

「フラクタルの物理(T)基礎編」裳華房, 2002年

「物理数学」裳華房,1999年 詳細情報はこちら

「数理物理学への誘い2」(共著)遊星社,1997年.

「フラクタルな世界」(監訳)丸善, 1995年.

"Self-Affinity for the Growing Interface of Bacterial Colonies"
J.Phys.Soc.Jpn. 66, pp.67-72(1997).

"Self-Organized Critical Density Waves of Granular Particles Flowing through a Pipe" Physica A233, pp.699-708(1996).
共同研究

バクテリア・コロニーの形成
新潟大学医学部細菌学教室
松山東平
>> 細菌の集団連携遊走とその時空的特性

らせん結晶の成長

佐世保高専 一般・化学
須田淳一郎

このページの内容に関するご質問は國仲まで
サイトに関するご質問は時田まで


Copyright 2000 Matsusita Laboratory All Right Reserved.