松下研究室について
教授 松下貢
松下研究室
バクテリアコロニー
粉粒体
ビタミンC
ニクロム酸
バクテリアコロニー  バクテリアコロニー
シミュレーション
過去のテーマ
平松芙美子       テーマ全体


HOME
教授コラム
松下村塾コラム
論文
メンバー
アクセス
検索
バックナンバー
リンク







平松芙美子 (〜’03 前期課程)
栄養を含んだ寒天培地上にバクテリアを接種すると、発育・分裂の繰り返しと運動によってコロニーを形成する。コロニーは菌種や環境条件によって様々な特徴的なパターンを示す。寒天培地の寒天濃度、栄養濃度という二つのパラメータを変化させて培養した場合、Serratia marcescens(霊菌)がどのようなコロニー・パターンを形成するか、またそれぞれのパターンがどのように形成されるのかを調べ、モルフォロジー・ダイヤグラムを作成した。特徴的な5つのパターンの中でも特に同心円状のリングパターンに注目し、リングの形成過程の理解を目指しさまざまな実験を行っている。


このページに関するご質問、ご感想は平松まで



Copyright 2000 Matsusita Laboratory All Right Reserved.