松下研究室について
教授 松下貢
松下研究室
バクテリアコロニー
粉粒体
ビタミンC
ニクロム酸
ビタミンC  ビタミンC
シミュレーション
過去のテーマ
出井真知子   テーマ全体


HOME
教授コラム
松下村塾コラム
論文
メンバー
アクセス
検索
バックナンバー
リンク







出井真知子 OB(〜'01 前期課程)

 自然界には雲の周期的なパターンや砂漠の砂の模様など、実にたくさんの周期的なパターンが表れます。それらを研究する事は、自然科学の主要な研究テーマの1つとなっています。

 アスコルビン酸もとても美しい同心円のパターンをつくることが知られています。 メタノール溶液中にアスコルビン酸(ascorbic acid)を溶解させ、一定温度下でメタノールを蒸発させると、同心円パターンのアスコルビン酸が析出します。私は低温(0〜10℃)においての析出パターンを調べています。







このページに関するご質問、ご感想は出井まで


Copyright 2000 Matsusita Laboratory All Right Reserved.